オレンジダムゼル幼魚

バリのスズメダイの中で多くリクエストされる種ですが、4月頃のパダンバイでは売るほど見ることができます。

1cmにも満たない個体から写真に写すのにちょうどいい個体までバラエティーに富んでいます。
トランベン、ムンジャンガンでも見ることはできますが、4月のパダンバイほど簡単ではありません。

アクアリストの間ではバリダムゼルとも言われるのですが、大人になるとただの黒いスズメダイになってしまいます。

リクエストは是非春先のパダンバイで。

ローランズダムゼル幼魚

今日ご紹介するのはバリ島内であればとりあえずどこにでもいそうなスズメダイ。サンゴ礁域の浅場で年中見られます。

一般種ですが、綺麗な子ですので、バリで是非狙って見てください。

Colin’s fairygoby

この魚も先日リクエスト頂いたのですが、自分が10年前に撮ったのがこちら。

写真のデータを確認したら2008年に撮影したものでした。

場所はミンピムンジャンガンの湾内:マッドベイの水深20mくらいなのですが、昔うちにいたローカルガイドが探してきまして、タイニーみたいな魚がいた、というので見に行ったらこいつでした。

時期によってはたくさん群れているのですが、先日は見つかりませんでした。

昨日のリボンリーフと同じで、シルト状の泥地帯にいるので、撮影はなかなか難しいです。

是非リクエストしてください。

お問い合わせは

papasdive2001@gmail.com

までお願いします。

リボンリーフゴビー

先日、久しぶりにリクエストがあり、ミンピムンジャンガン湾内で探してきました。昔は和名なんてついていなかったのですが、今は「リボンリーフゴビー」という名前がついております。

バリ島では透明度ににごにごのシルト状の湾内で見ることができるのですが、何分生息環境が悪いため、しっかり中世浮力が取れて砂を巻き上げないスキルがないと、とてもじゃないですけど撮影なんてできません。


写真はいまちいですが、しっかりストロボ当たってばっちりとればものすごく美しい子です。
見られる確率はそこそこ高いので是非リクエストを。

お問い合わせは
papasdive2001@gmail.com
まで。

8/21 22 ダイブサファリ ムンジャンガン シークレットベイ

8/21 ムンジャンガン ガーデンイール POS1
透明度25m
水温27度

少々風のあるムンジャンガンですが、午前中から正午にかけて満潮一杯のため透明度抜群です。

マンジュウイシモチ

ツバメウオの群れ

ウミウシカクレエビ

メタリックシュリンプゴビー

オオモンカエルアンコウ

8/21 シークレットベイ
透明度 10-15m
水温 24度

今日も満潮一杯のためシークレットベイにしては透明度抜群です。

ピクチャードラゴネット

ピンクスペックルシュリンプゴビー

バンガイカーディナルフィッシュの口内保育

イロカエルアンコウ

6/9-17 ダイブサファリダイジェスト

6/9からまず伊豆の老舗ダイビングサービスのシーフロント様が中4日間のダイブサファリにいらしてくれました。

トランベン2日、ヌサペニダ2日の予定でしたがボートダイブがご希望ということで急きょ1日をトランベンからヌサペニダに変更。

ヌサペニダはちょうど水温が低かったのですが、マンタを見たり、クリスタルベイでクマドリカエルアンコウを見たりできました。

6/13からはサイパンのスーパーフィッシュ様が中3日間の予定でムンジャンガンダイブサファリにいらしてくれました。

ムンジャンガンは水温も温かく海況もGOO。

ギンガメアジ、カンムリブダイ、ピグミーシーホース、スプリンガーダムゼル、綺麗なアオウミガメ、イエローアイコームトゥース、オオモンカエルアコウ、ムラサメハゼ、ギンガハゼ、メタリックシュリンプゴビー、スパゲティーガーデンイール、マンジュウイシモチ、リトルファイルフィッシュなどなどいろいろなものが見られました。

スプリンガーダムゼル

タイマイ

沈船

クマドリカエルアンコウ

タイマイ

オオモンカエルアンコウ

アオウミガメ

ギンガメアジ