マンボウ祭り継続中

ヌサペニダ
クリスタルベイ
ブルーコーナー
ブルーコーナー

本日もヌサペニダ3本マンボウ勝負。
昨日今日とお越しの大阪からお越しのお客様。2日間6ダイブ、マンボウの勝率100%でした。
っていうか、この強運を他のお客様にちょっとでも分けてほしい。

1本目のクリスタルベイでは5匹。
2本目のブルーコーナーで3匹
3本目もブルーコーナーで2匹

下からあおってみました
大阪の居酒屋マンボウ よろしくお願いします!
まだら模様が綺麗な子でした。
小ぶりのオオセ

途中オオセも登場。
マンボウでおなか一杯でした。

9月3日くらいまでは潮がいいので是非!!

それでは。

東部エリア近くに再圧チャンバーが・・

バリ島でダイビングされる方なら再圧チャンバー事情を知っておいたほうがいいかと思います。

つい最近まで、デンパサールにあるサンラ病院に小さな再圧チャンバーがあるだけでしたが、このほど、東部ダイビングエリアにより近い場所に設置されました。

カシイブサバ分院

場所はこちら。

先日セミナーがありまして、参加してきました。

カシイブサバ分院の再圧チャンバー

 

サンラ病院の再圧チャンバーに比べるとかなりゆったりとした作りになっております。一回で6名の治療が可能です。

バリ島の再圧チャンバー外観

外観はこんな感じです。

バリ島の再圧チャンバー

中はゆったりシートです。

ちなみにサンラ病院のチャンバーは6名入ったら身を寄せ合い、中は中腰でなくてはあるけず、椅子は金属製の冷たいもの、なので、それに比べたらだいぶ快適です。

気になるお値段はこちら。

再圧チャンバー
カシイブサバ分院の再圧チャンバー

チャンバーですからお値段はかなりしますが、各種保険は使えますので、ダイビングされる方は日本で保険に加入されることをお勧めいたします。

再圧チャンバーのお世話にならずに安全なダイビングを心がけましょう。

それでは。

7月6日 マンタポイント

ダイビングポイント:ヌサペニダ マンタポイント クリスタルベイ
透明度:10-25m
水温:22度から23度

本日は昨日に引き続き、ヌサペニダでダイビングです。
お客様は昨日と同じOさんご夫妻。
まずはマンタポイントへ向かいましたが、安定のマンタたち。
かなりの数を見ることができましたがダイバー多いですねー。
クリーニングステーションの上に上るダイバーがたまーにいるのですが、マナーは守りましょう!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2本目はマンボウを求めてクリスタルベイへ。

しかーし、今日もマンボウナシゴレンでした。。

残念。。

 

7月5日 ヌサペニダ2ダイブ

ダイビングポイント:ヌサペニダ クリスタルベイ SD
透明度:25m
水温:18度から27度

マンボウシーズンにそろそろ入ろうかというヌサペニダ。
水温は急激に落ちておりまして、クリスタルベイはすでに最低18度を記録しています。水面はまだ23度ほどですが、水底はしびれますので最低5mm+フードベストが必須です。

ただ、今日はマンボウナシゴレンのエスチャンプル。(マンボウがいなくて寒いだけのことをこう呼びます)
それでもこの時期だけのクリオネの仲間が中層にたくさん漂っていました。

1本目で寒さにくじけたお客様は2本目北部のSDに移動して水温27度の快適ダイビングでした。

今日の写真はこちら

クリオネの仲間
バリ島の乾季の時期に見られるクリオネの仲間

 

オオセ
バリではパダンバイ、ヌサペニダでごく稀に見られるオオセ

 

本日のお客様のOさんご夫妻。4年ぶりにお越しいただきました!

 

 

リボンリーフゴビー

先日、久しぶりにリクエストがあり、ミンピムンジャンガン湾内で探してきました。昔は和名なんてついていなかったのですが、今は「リボンリーフゴビー」という名前がついております。

バリ島では透明度ににごにごのシルト状の湾内で見ることができるのですが、何分生息環境が悪いため、しっかり中世浮力が取れて砂を巻き上げないスキルがないと、とてもじゃないですけど撮影なんてできません。


写真はいまちいですが、しっかりストロボ当たってばっちりとればものすごく美しい子です。
見られる確率はそこそこ高いので是非リクエストを。

お問い合わせは
papasdive2001@gmail.com
まで。

8月12日 大波でひっくり返ったテーブルサンゴ

ハイシーズン突入していますが、パパスダイブはのんびりモードです。
他のショップさんがめちゃめちゃお客さんいるのを横目にいい意味で少人数でダイビングしております。もちろん悪い意味では、うちは大丈夫か?って思っちゃいますが、大丈夫なんです!

っていうことで、このブログもだいぶ久しぶりになりましたが、久しぶりの更新。7月後半に大波で海に出られない日が続きましたが、その弊害が水中にも。こちら。

大波でひっくり返ったテーブルサンゴ

 

大波でひっくり返ったテーブルサンゴその2

どちらも2-3mほどの結構巨大なテーブルサンゴですが、根っこから見事に抜き取られひっくり返っています。こんな時にダイビングしていたら間違いなく大惨事です。

数年に一回こういう大波があるんですよね。パダンバイも数年前の大波で浅場の枝サンゴがポッキーのごとくポキポキに。

早く復活してくれることを願います。

こちらは元気なテーブルサンゴ

クリスタルベイはえらいことになっていますが、北部のポイントは影響なし。元気なテーブルサンゴが階段状に!!

体長1.5mほどのマダラエイ in Crystalbay

突然現れたマダラエイ。大きくてよろしい。

明日はパダンバイに行ってこようと思います!

4月12日 マンタポイント

本日はヌサペニダマンタポイントへ。

合計20枚ほどのマンタが見られましたよ!

マンタ3枚の隊列

ブラックマンタ

ヌサペニダ マンタポイント

2018年3月第2週トランベンダイジェスト ウミコチョウ祭り

トランベン潜りまくってます。

シラタマウミコチョウ in トランベン沈船

沈船の浅場に結構たくさんいます。

キマダラウミコチョウSP inスラヤ

こちらはスラヤ。

レモンウミコチョウ in SIDEM

こちらはSIDEM。エリアが限られますが数匹見られました。

クマドリカエルアンコウ in SIDEM

クマドリカエルアンコウ結構見られます。

イロカエルアンコウ in SIDEM

砂地を移動中だったイロカエルアンコウ。

ヤシャハゼ幼魚 in Tulamben沈船

コンデジでは2cmのハゼはこれが限界。ヤシャハゼの幼魚。バリではかなり珍しいと思います。

ウミウシカクレエビ in スラヤ

この時期そこそこ見られるウミウシカクレエビ。

ワンダーパス in トランベン沈船

ワンダーパス。沈潜横で見られています。

 

3/4,5トランベン

久しぶりにトランベン潜ってきました。
先月アグン山の警戒レベルも下がりましたので・・・。

久しぶりのトランベンは、意外とダイバーも多く、以前のような活気が戻ってきております。

水中は、砂漠化していた場所にも映え物が増えていまして、ダイバーが少なかったいい影響もあります。

とりあえず、いくつか見られた生物を写真で紹介です。

一番のヒットはヤシャハゼの幼魚。

ムンジャンガンでは成魚を見ることはありましたが、幼魚をトランベンで見れるとは思いませんでした。

全長3cmくらいでしょうか。

イロカエルアンコウの子供

テイラーズガーデンイール

ツノザヤウミウシ

ツマジロオコゼ?

ヤノダテハゼ

ヤシャハゼ幼魚

2017/9/9 マンタ マンボウ

久しぶりの更新ですが、毎日潜っております。

本日は久しぶりのヌサペニダ。

やっぱり寒いね・・・。

1本目 マンタポイント 透明度15m 水温22度

マンタ

2本目 クリスタルベイ 透明度20m 水温19度

相変わらず冷たいクリスタルベイ。ダイバーもいっぱいです。
粘って粘って最後に現れたマンボウさん。
通りすがりのマンボウでした。

通りすがりのマンボウ

3本目 クリスタルベイ 透明度20m 水温23度

タイミングを外したのかマンボウ見られませんでした。ちょっと前に入っていたグループは4匹見たとか・・・。