マンボウ祭り継続中

ヌサペニダ
クリスタルベイ
ブルーコーナー
ブルーコーナー

本日もヌサペニダ3本マンボウ勝負。
昨日今日とお越しの大阪からお越しのお客様。2日間6ダイブ、マンボウの勝率100%でした。
っていうか、この強運を他のお客様にちょっとでも分けてほしい。

1本目のクリスタルベイでは5匹。
2本目のブルーコーナーで3匹
3本目もブルーコーナーで2匹

下からあおってみました
大阪の居酒屋マンボウ よろしくお願いします!
まだら模様が綺麗な子でした。
小ぶりのオオセ

途中オオセも登場。
マンボウでおなか一杯でした。

9月3日くらいまでは潮がいいので是非!!

それでは。

東部エリア近くに再圧チャンバーが・・

バリ島でダイビングされる方なら再圧チャンバー事情を知っておいたほうがいいかと思います。

つい最近まで、デンパサールにあるサンラ病院に小さな再圧チャンバーがあるだけでしたが、このほど、東部ダイビングエリアにより近い場所に設置されました。

カシイブサバ分院

場所はこちら。

先日セミナーがありまして、参加してきました。

カシイブサバ分院の再圧チャンバー

 

サンラ病院の再圧チャンバーに比べるとかなりゆったりとした作りになっております。一回で6名の治療が可能です。

バリ島の再圧チャンバー外観

外観はこんな感じです。

バリ島の再圧チャンバー

中はゆったりシートです。

ちなみにサンラ病院のチャンバーは6名入ったら身を寄せ合い、中は中腰でなくてはあるけず、椅子は金属製の冷たいもの、なので、それに比べたらだいぶ快適です。

気になるお値段はこちら。

再圧チャンバー
カシイブサバ分院の再圧チャンバー

チャンバーですからお値段はかなりしますが、各種保険は使えますので、ダイビングされる方は日本で保険に加入されることをお勧めいたします。

再圧チャンバーのお世話にならずに安全なダイビングを心がけましょう。

それでは。

7月5日 ヌサペニダ2ダイブ

ダイビングポイント:ヌサペニダ クリスタルベイ SD
透明度:25m
水温:18度から27度

マンボウシーズンにそろそろ入ろうかというヌサペニダ。
水温は急激に落ちておりまして、クリスタルベイはすでに最低18度を記録しています。水面はまだ23度ほどですが、水底はしびれますので最低5mm+フードベストが必須です。

ただ、今日はマンボウナシゴレンのエスチャンプル。(マンボウがいなくて寒いだけのことをこう呼びます)
それでもこの時期だけのクリオネの仲間が中層にたくさん漂っていました。

1本目で寒さにくじけたお客様は2本目北部のSDに移動して水温27度の快適ダイビングでした。

今日の写真はこちら

クリオネの仲間
バリ島の乾季の時期に見られるクリオネの仲間

 

オオセ
バリではパダンバイ、ヌサペニダでごく稀に見られるオオセ

 

本日のお客様のOさんご夫妻。4年ぶりにお越しいただきました!

 

 

ペットボトル廃止に関して

2019年GWより、弊社ではペットボトルの使用を中止いたしました。
バリ島のごみ問題は深刻です。ゴミで埋め尽くされたビーチ、ゴミだらけの中を泳ぐマンタの群れ、プラスチックを飲み込み命を落とした海洋生物たち。
そのすべては私たち人間が使用したものです。
ゴミを道に捨てるインドネシア人の意識改革ももちろん重要ですが、ゴミを少しでも減らす努力をすることも大事です。
海にかかわる会社として、できることを少しづつしていこうと思います。

ペットボトルの使用を中止

困ったときのヒトデカクレエビ

トランベンのヒトデのほぼ100%についているこちらのヒトデカクレビ。

生物が少ない時とか、予定していた生物がいない、そんな困ったときの強い見方です。

トランベンでヒトデを見つけたら是非ひっくり返してみてください。

ただ、近くに欧米人がいないのを確認してからにしてくださいね。

欧米人、ヒトデといえど触ると怒りますから・・。

ホヤ・ハゼ・卵の定番

トランベンでよくリクエストされるのがこんな状態の写真。

ホヤ・ハゼ・卵

どちらかというと雨期のほうが多いのですが、通年通してそこそこ見られる状態です。

ただ、ここ数年ホヤの数が少なくなってきておりまして、特に沈船横はホヤを探すのが大変な状態です。

沈船にはたくさんついているのですが、ホヤ・卵つきはなかなか沈船では見かけません。

ナガサキスズメダイ幼魚

スズメダイ続きですが、昨日のオレンジダムゼルと違いリクエストはほとんどありませんが、写真で撮ると綺麗な魚です。

その辺にいる一般種ですが侮るなかれなお魚さんです。

1月は本当にお客さんも少なく商売あがったりですわ。

っていうことで普段できない仕事を毎日こつこつとやっております。

オレンジダムゼル幼魚

バリのスズメダイの中で多くリクエストされる種ですが、4月頃のパダンバイでは売るほど見ることができます。

1cmにも満たない個体から写真に写すのにちょうどいい個体までバラエティーに富んでいます。
トランベン、ムンジャンガンでも見ることはできますが、4月のパダンバイほど簡単ではありません。

アクアリストの間ではバリダムゼルとも言われるのですが、大人になるとただの黒いスズメダイになってしまいます。

リクエストは是非春先のパダンバイで。

アルポントニア イアイーニ

非常に覚えにくい名前のエビです。
前半部分は覚えられないのでイアイーニだけでゲストには紹介しますが、イイジマフクロウウニを宿主にしているため、ここ最近は全く見られません。

かつてそこら中にいたイイジマフクロウウニは何処に?

話は変わりますが、今年はこの時期風が非常に強く海況が悪いです。

不幸中の幸いともいいますか、不幸中の不幸ともいいますか、お客さんがいないので海況で悩まされることが少ないのですが、マリンアクティビティーは十分お気を付けくださいね。

トランベン大波のため

今日はトランベンでの体験ダイブの予定でしたが、早朝波が大きいという情報が入ってきたためにパダンバイに急きょ変更。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

パダンバイは波もなく、透明度もよく体験ダイブにはベストコンディションでしたー。

最近、雨風が強く、木が折れたり、地滑りが起きたりしております。

ダイビングポイントも日により海況が悪いので、事前に海況はお問い合わせください。