新型コロナ感染予防対策

新型コロナの影響で、長らくダイビングショップとしての活動を停止しておりますが、営業再開に向け、感染予防対策を作成いたしました。下記内容は、弊社加盟しております、Bali Safety Trustの基準に沿って作成いたしました。

①ショップとしての感染予防対策

店内、送迎車内、船上の感染予防対策

  • 毎日のお客様とスタッフの健康チェックリストを作成する。(氏名・体調・体温)
  • よく触れる場所は定期的に消毒を行う(ドアノブ・トイレ内・手すり等)
  • 毎朝、及び適時お客様の体調を観察する。
  • リネン類の共有、貸し出しは行わない。
  • 送迎車内では、スタッフ及びお客様共にマスクを着用し、定期的に窓を開け換気を行う。
  • ログタイムは人数によって時間を短縮するか、密閉された場所では行わないようにする。
  • レンタル器材の消毒を徹底し、消毒後は完全に乾かす。(消毒方法は下記参照)
  • 他人の器材同士が触れないよう置き場に配慮する(特にマウスピース・マスク)
  • 石鹸での手洗いや消毒ができるようにしておく。
  • 当面、1日に受け入れさせていただくお客様は2組のみにさせていただきます。(1組の人数制限はありませんが、同じグループであること)
  • 当面、体験ダイビング、ダイビング講習は行いません。ファンダイブのみになります。
  • ミネラルウォーターに関しまして、弊社ではごみ削減のために再利用可能なボトルでご提供いたしておりましたが、当面通常のペットボトルでご提供いたします。マイボトルをご持参いただけるお客様は是非ご持参ください。
  • ヌサペニダでのダイビング時にご用意いたしますホットドリンクも、ゴミが増えますが、使い捨ての紙コップでご提供いたします。
  • ヌサペニダ用のボートに関しましては、乗り合いの場合には通常の定員よりも少ない人数で運行いたします。
    ※ボートの大きさによりショップが独自で人数制限いたします。
    ※プライベートツアーの場合にはこの限りではありません。

(赤字はショップ独自のルールになります)

機材の消毒方法:

5%の次亜塩素酸ナトリウムを含む漂白剤を 1:50で希釈し(濃度0.1%・1,000ppm)、器材を少なくとも 5 分間浸す。
その後、機材は直ぐに水で洗い流し、完全に乾燥させる。

②お客様へのお願い

お客様⇐⇨スタッフ及び他のお客様の感染防止

  • 発熱・咳、体調不良の症状がある場合はキャンセルして頂く。(毎朝チェックしていただき、該当の場合はお迎え時間前(できるだけ早く)までに連絡いただく。)
  • 送迎車へ乗車前に手の消毒をして頂き、車内ではマスクを着用して頂く。
  • ショップ屋内、ソーシャルディスタンスが取れない船内では、マスクを着用して頂く。
  • 人との距離を1m以上(できれば2m)とって頂く。
  • 密を避けるため、ダイビング以外の場所(ホテル、朝食、夕食、観光等)で人込みを避けていただき、外出時にはマスクを着用して頂く。
  • 親切心からの行為を控えるよう気を付けて頂く。
  • トイレを流す際には蓋を閉めてから流して頂く。
  • リネン類は持参して頂く。(バスタオル等)
  • 共用物に触れる機会を減らす。
  • できるだけ機材は持参して頂く。
  • 他人の機材、荷物には触れないようにする。
  • お客様所有の機材はできるだけ持ち帰っていただき、お客様自身で洗い、管理して頂く。
  • できるだけアルコール消毒液は持参して頂く。

    ③お客様、スタッフで感染が確認された場合

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

④感染予防のための同意書へのご署名

東部エリア近くに再圧チャンバーが・・

バリ島でダイビングされる方なら再圧チャンバー事情を知っておいたほうがいいかと思います。

つい最近まで、デンパサールにあるサンラ病院に小さな再圧チャンバーがあるだけでしたが、このほど、東部ダイビングエリアにより近い場所に設置されました。

カシイブサバ分院

場所はこちら。

先日セミナーがありまして、参加してきました。

カシイブサバ分院の再圧チャンバー

 

サンラ病院の再圧チャンバーに比べるとかなりゆったりとした作りになっております。一回で6名の治療が可能です。

バリ島の再圧チャンバー外観

外観はこんな感じです。

バリ島の再圧チャンバー

中はゆったりシートです。

ちなみにサンラ病院のチャンバーは6名入ったら身を寄せ合い、中は中腰でなくてはあるけず、椅子は金属製の冷たいもの、なので、それに比べたらだいぶ快適です。

気になるお値段はこちら。

再圧チャンバー
カシイブサバ分院の再圧チャンバー

チャンバーですからお値段はかなりしますが、各種保険は使えますので、ダイビングされる方は日本で保険に加入されることをお勧めいたします。

再圧チャンバーのお世話にならずに安全なダイビングを心がけましょう。

それでは。

ペットボトル廃止に関して

2019年GWより、弊社ではペットボトルの使用を中止いたしました。
バリ島のごみ問題は深刻です。ゴミで埋め尽くされたビーチ、ゴミだらけの中を泳ぐマンタの群れ、プラスチックを飲み込み命を落とした海洋生物たち。
そのすべては私たち人間が使用したものです。
ゴミを道に捨てるインドネシア人の意識改革ももちろん重要ですが、ゴミを少しでも減らす努力をすることも大事です。
海にかかわる会社として、できることを少しづつしていこうと思います。

ペットボトルの使用を中止

こいつは本当にシムランスなのか?

フィコカリス・シムランスっていう小さなエビがいますが、トランベンで探せばほぼ100%見ることができます。

基本的にはモシャモシャの子が多いのですが、最近SIDEMで見られている子はもじゃもじゃ感0。

まずは普通のシムランス。

こちら。

もじゃもじゃ

もじゃもじゃ君が通常のシムランス。

そんでもって、そんなにもじゃもじゃじゃないのがこちら。

ちょいモジャ

 

最後に、ここ最近SIDEMで見られているつるつる君。

ツルツル

これ全部が同じだとはたいてい思えないのですが、現状すべてシムランスに分類されているかと思います。

そのうち分類されるだろうとは思いますが、はたしていつになるやら。

リボンリーフゴビー

先日、久しぶりにリクエストがあり、ミンピムンジャンガン湾内で探してきました。昔は和名なんてついていなかったのですが、今は「リボンリーフゴビー」という名前がついております。

バリ島では透明度ににごにごのシルト状の湾内で見ることができるのですが、何分生息環境が悪いため、しっかり中世浮力が取れて砂を巻き上げないスキルがないと、とてもじゃないですけど撮影なんてできません。


写真はいまちいですが、しっかりストロボ当たってばっちりとればものすごく美しい子です。
見られる確率はそこそこ高いので是非リクエストを。

お問い合わせは
papasdive2001@gmail.com
まで。

ヌサペニダアイランドホッピングツアー

最近、弊社で一番人気のツアー「ヌサペニダアイランドホッピングツアー」に昨日も行ってまいりました。

長野県からご参加のKさんファミリー。

昨日は超快晴の度P-KANで海況も超GOOD。

絶景をめぐるには最高のお天気でしたが、歩くには少々暑い。

かなり汗だくになってしまいました。。

まず訪れたのが

「ANGEL BILLABONG」

rhdr

そしてそのお隣にあります

「BROKEN BEACH」

smacap_Bright

ここには以前穴の上にバンジャール(地区の集会所)があったようなのですが、あるときそのまま落ちてしまった。

その穴がこの「Broken Beach」だとか・・。

で、Broken Beach からはヌサペニダのマンタベイが見下ろせるのですが、上から見つけちゃった!

smacap_Bright

最後に行ったのがこちらの

「Kelingking Beach」

ヌサペニダの絶景といえばもうこれ以上の絶景はありません。

こんなインスタ映えポイントも!

この写真すべてスマホで撮っていますが、スマホのパノラマモードを駆使するとこのようなワイドな写真が撮れちゃいます。

昼食をはさんで最後はレンボガン島の超元気なサンゴ礁でシュノーケル。

めちゃめちゃ暑かったので冷たい海水がここちよかったです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

是非皆様もこのツアー参加してみませんか??

中華ハウジング

ご無沙汰しております。
アグン山の噴火騒動でお客さん0記録を更新中。
まったくうれしくありませんが今は窒素抜き期間と割り切って自宅で鋭気を養っております。

さてさて、バリ人ガイドの間で水中写真ブームが巻き起こっておりまして、最近はカメラをもってガイドしている姿をよく見かけます。

仲の良いガイドが中華産のフィッシュアイレンズを持っていまして、興味深く話を聞いてみたら驚くほど安いんですよ。

で、ハウジングなんかもあるのかな?って調べてみたらアマゾンで売っていました。

まずこちら

コンデジ用フィッシュアイレンズ。
お値段15999円。

それからこちらのTG4用ハウジング
今オリンパス純正はなかなか手に入らない(在庫切れ)ため、こちらはいかがでしょうか?
お値段20799円

他にもいろいろと水中機材のアクセサリーがお安くなっています。こちらをご覧ください。

すべて中華系メーカーのSEA FROGという会社が出しております。

日本製はやっぱり性能でも信頼できますが、最近の中華系もなかなかやりますので是非試してみてはいかがでしょうか?

では。

講習に関しまして

長年にわたりライセンス取得、ステップアップの講習を行ってまいりましたが、ここ数年自分の中での葛藤と戦ってまいりました。

何の葛藤か?

バリでの滞在期間が限られているお客様の講習は、内容ありきではなく時間ありきの講習になることが多く、ダイビングのスキルが100%身についていな状態でも次のステップに進まざるを得ないことが多々ありました。(数年前に、PADIのオープンウォーター講習でやらなくてはいけないことの量が増えたこともその一因です。)

立派なダイバー、一人でも安全にダイビングできるスキルを持ったダイバーを育てることが本来の使命である私たちインストラクター、ダイビングショップがこんなことでいいのだろうか?

自分が認定したダイバーがもし、バリでライセンスを取得した後に行ったリゾートでスキル不足のために重大な事故を起こしてしまったら、自分はそのお客様に対して、そして自分に対して言い訳のしようがありません。

現地サービスは現地サービスらしいことをしよう。

講習はお客様に合わせて時間をかけじっくりやるのが本来の講習であり、それができるのは都市型のショップなのではないかと思います。

これは私個人の経験からこのように考えていますが、現地サービスでもじっくり教えてくれるショップももちろんたくさんあります。(お金と時間が必要ですが・・)
ですので、現地サービス自体の講習を否定しているわけではありません。
ただパパスダイブでは短期間での講習は難しく、価格競争が激しいダイビング業界でその価格競争の最前線にいたのでは満足のいく講習はできないと判断し、一切のダイビング講習をやめることにいたしました。

時間とお金に一切の制限がない方の講習は別途受け付けておりますのでお問い合わせくださいね(笑)

今後はファンダイブ、体験ダイブ、ダイブサファリをメインにダイビングにかかわっていきたいと思います。