6/9-17 ダイブサファリダイジェスト

6/9からまず伊豆の老舗ダイビングサービスのシーフロント様が中4日間のダイブサファリにいらしてくれました。

トランベン2日、ヌサペニダ2日の予定でしたがボートダイブがご希望ということで急きょ1日をトランベンからヌサペニダに変更。

ヌサペニダはちょうど水温が低かったのですが、マンタを見たり、クリスタルベイでクマドリカエルアンコウを見たりできました。

6/13からはサイパンのスーパーフィッシュ様が中3日間の予定でムンジャンガンダイブサファリにいらしてくれました。

ムンジャンガンは水温も温かく海況もGOO。

ギンガメアジ、カンムリブダイ、ピグミーシーホース、スプリンガーダムゼル、綺麗なアオウミガメ、イエローアイコームトゥース、オオモンカエルアコウ、ムラサメハゼ、ギンガハゼ、メタリックシュリンプゴビー、スパゲティーガーデンイール、マンジュウイシモチ、リトルファイルフィッシュなどなどいろいろなものが見られました。

スプリンガーダムゼル
タイマイ
沈船
クマドリカエルアンコウ
タイマイ
オオモンカエルアンコウ
アオウミガメ

ギンガメアジ

6/10 伊豆の老舗ダイビングサービス シーフロントさん ダイブサファリ

2017/6/10

今日から4日間伊豆の老舗ダイビングサービスシーフロントさんのダイブサファリです。
初日はトランベン。
昨晩日本から到着され、昨日のうちにミンピトランベンまで移動し、朝からダイビング。
海況は風が強い割には波も穏やかです。

1本目 ドロップオフ
透明度 18m 水温29度

2本目 沈船
透明度 15m 水温29度

3本目 沈船
透明度 10m 水温29度

午後になるとダイバーの巻きあげた砂の影響で透明度落ちますが海況はGOO。

今回はシニアダイバー中心のためマクロは外して大物、群れもの中心で!
テルメアジの群れ、タイマイ、クマザサハナムロの群れ、カスミチョウチョウウオの群れなどが見られました!

明日はトランベンからヌサペニダに変更。

朝移動します!

9名のグループでダイビングを楽しみます!

 

トランベンの夕暮れ

6/4ヌサペニダ2ダイブ

2017/6/4 ヌサペニダ2ダイブ

1本目 クリスタルベイ
水温 24-26度 透明度 20m 流れ 少々

2本目 マンタポイント
水温 25-26度 透明度 15m 波 小

本日は体験ダイブのお客様2名とファンダイブのお客様1名の計3名でヌサペニダへ。
1本目はクリスタルベイでマンボウ狙いましたが現れず・・。
2本目のマンタポイントでは5匹くらいのマンタが見られました!

最近水温が下がってきています。

ウェットスーツは是非5mmで!

体験ダイブのお客様とマンタ
3m以上あるマンタ

 

サヌールでスノーケル!熱帯魚たくさんだぜ!

本日は新婚ほやほやのご夫婦をサヌールのスノーケルにお連れしました。
奥様は妊娠5か月!
妊婦さんでもスノーケルできますよ!!

仲良しご夫婦。サヌールは熱帯魚がいっぱいです。

 

スノーケルでもクマノミ見れるんです!

たくさん泳いでたくさんお魚見ていただきました!!

5/30 ヌサペニダ マンタ5枚 マンボウ残念!

2017年5月30日
ヌサペニダ マンタポイント 透明度15m 水温23度 波 少々
ヌサペニダ クリスタルベイ 透明度25m 水温22度 流れ 少々

本日はヌサペニダへ。
1本目はマンタポイント。最初15分は1匹見れただけですが後から次から次へと現れて結局5枚ほどのマンタが登場。

しっかし水温23度で冷たかった・・。
まだ乾季の入りなのでこんなに冷たいことないのですが今年は冷たい。

クリスタルベイはもっと寒い・・。

ここのところクリスタルベイでマンボウ出ていたようですが今日はなし。

明日はでるかな?

マンボウの代わりのマダラエイ。

5/25トランベン2ダイブ

ニモとお客様

2017/5/25 トランベン パラダイス前 沈船

透明度20m 水温28度 波なし

今日は在住のお客様3名とトランベンへ!
水中はクラゲの仲間の何かがたくさんいて、体中ちくちく刺されてかゆかった・・・。
家に帰ったら虫刺されのように腫れてしまってめちゃめちゃかゆい。
当分完全防備で潜らないとだめですね。

ダイビングですが来月帰国される方がいるので、その思い出作りということでたくさん写真を撮らせていただきました。

タイマイとお客様

 

 

 

 

 

 

フグとお客様

魚と一緒に写真を撮ってほしい方は是非リクエストしてくださいね!

5/24 パダンバイ ダブルドラゴン

2017/5/24 パダンバイ2ダイブ ドロップオフ ビアストゥガル

本日はパダンバイで2本です。

4月によく見られていたボロカサゴは行方不明なのですが、こいつらは相変わらず同じところにいます。

繁殖行動が見られるオオウミウマのペア

今日は珍しくペアリングしていたのですが、途中中層に向けてお互いを押すような形で二匹で泳ぎだしていたので繁殖行動でしょうか?ずっと観察していたかったのですが、ガイド中だったので1分ほど観察してその場を離れました・・。

それからドロップオフにアカククリ若魚も!

アカククリの若魚

 

 

 

 

 

 

 

そのほか、ハダカハオコゼ(ピンク、黒、白)やウミウシ各種、いろいろな魚が見られました!!

5/23 トランベンダイブログ

5/23 トランベン ドロップオフ 沈潜

透明度 10-20m
水温 28-29度
波なし

風が少しありますが海況GOOなトランベン。

1本目のドロップオフではテルメアジの群れ(オックスアイスカッドの和名が2011年にテルメアジと決まったそうです。)を見ました!っていうかいつでも見られるのですが・・。

テルメアジの群れ

 

 

 

 

 

 

今ドロップオフではツースポットバスレットの雌がたくさん見られます。

ツースポットバスレット雌

 

 

 

 

 

沈船ではタイマイ、ナポレオン、バラクーダなんかが見られました!

マンタスノーケルでマンタ祭り

今日は兵庫からお越しの美人幼馴染2名をマンタスノーケルにお連れしました!!

お一人が初めてのスノーケルということでまずは海況のいいクリスタルベイでスノーケルの練習です。

始めは足のつかない海になれませんでしたが、徐々に慣れてきましていざマンタポイントへ!

途中マンタベイによったらたくさんのマンタが水面で捕食中だったためこちらでスノーケル。

マンタベイはマンタポイントに比べて透明度がいいときが多いので写真も綺麗に撮れました!

結局5枚ほどのマンタを30分ほど堪能。

時には1mくらいまで接近できて大興奮のスノーケルになりました!

パパスダイブでは常時マンタスノーケルを開催しておりますので是非一度お問い合わせくださいませ。

papasdive2001@gmail.com

直下1mを悠々と泳ぐマンタ

 

水面で捕食中のマンタ
透明度抜群のマンタベイ

講習に関しまして

長年にわたりライセンス取得、ステップアップの講習を行ってまいりましたが、ここ数年自分の中での葛藤と戦ってまいりました。

何の葛藤か?

バリでの滞在期間が限られているお客様の講習は、内容ありきではなく時間ありきの講習になることが多く、ダイビングのスキルが100%身についていな状態でも次のステップに進まざるを得ないことが多々ありました。(数年前に、PADIのオープンウォーター講習でやらなくてはいけないことの量が増えたこともその一因です。)

立派なダイバー、一人でも安全にダイビングできるスキルを持ったダイバーを育てることが本来の使命である私たちインストラクター、ダイビングショップがこんなことでいいのだろうか?

自分が認定したダイバーがもし、バリでライセンスを取得した後に行ったリゾートでスキル不足のために重大な事故を起こしてしまったら、自分はそのお客様に対して、そして自分に対して言い訳のしようがありません。

現地サービスは現地サービスらしいことをしよう。

講習はお客様に合わせて時間をかけじっくりやるのが本来の講習であり、それができるのは都市型のショップなのではないかと思います。

これは私個人の経験からこのように考えていますが、現地サービスでもじっくり教えてくれるショップももちろんたくさんあります。(お金と時間が必要ですが・・)
ですので、現地サービス自体の講習を否定しているわけではありません。
ただパパスダイブでは短期間での講習は難しく、価格競争が激しいダイビング業界でその価格競争の最前線にいたのでは満足のいく講習はできないと判断し、一切のダイビング講習をやめることにいたしました。

時間とお金に一切の制限がない方の講習は別途受け付けておりますのでお問い合わせくださいね(笑)

今後はファンダイブ、体験ダイブ、ダイブサファリをメインにダイビングにかかわっていきたいと思います。