コールマンシュリンプ 幼体

昔はトランベンのスラヤにたくさんあったイイジマフクロウウニがまったく見られなくなって早数年。

やっぱりダイバーがいじくり回すといなくなってしまいますよね。

先日行ったコモドではそこら中にイイジマフクロウウニがありまして、コールマンやゼブラガニが見られました。

この写真はその昔、まだたくさんあった時代のもので、ちょうどコールマンシュリンプ幼体が撮れたんです。

今はイイジマフクロウウニはどこに行ってしまったんでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA