2018年3月第2週トランベンダイジェスト ウミコチョウ祭り

トランベン潜りまくってます。

シラタマウミコチョウ in トランベン沈船

沈船の浅場に結構たくさんいます。

キマダラウミコチョウSP inスラヤ

こちらはスラヤ。

レモンウミコチョウ in SIDEM

こちらはSIDEM。エリアが限られますが数匹見られました。

クマドリカエルアンコウ in SIDEM

クマドリカエルアンコウ結構見られます。

イロカエルアンコウ in SIDEM

砂地を移動中だったイロカエルアンコウ。

ヤシャハゼ幼魚 in Tulamben沈船

コンデジでは2cmのハゼはこれが限界。ヤシャハゼの幼魚。バリではかなり珍しいと思います。

ウミウシカクレエビ in スラヤ

この時期そこそこ見られるウミウシカクレエビ。

ワンダーパス in トランベン沈船

ワンダーパス。沈潜横で見られています。

 

3/4,5トランベン

久しぶりにトランベン潜ってきました。
先月アグン山の警戒レベルも下がりましたので・・・。

久しぶりのトランベンは、意外とダイバーも多く、以前のような活気が戻ってきております。

水中は、砂漠化していた場所にも映え物が増えていまして、ダイバーが少なかったいい影響もあります。

とりあえず、いくつか見られた生物を写真で紹介です。

一番のヒットはヤシャハゼの幼魚。

ムンジャンガンでは成魚を見ることはありましたが、幼魚をトランベンで見れるとは思いませんでした。

全長3cmくらいでしょうか。

イロカエルアンコウの子供
テイラーズガーデンイール
ツノザヤウミウシ
ツマジロオコゼ?
ヤノダテハゼ
ヤシャハゼ幼魚