ベンケイハゼの仲間

先週は雨が多かったですが、今週はだいぶ雨も少なり、幾分涼しくなってきたように思います。
乾季入りもそろそろでしょうか?

ベンケイハゼの仲間は、クリーニングステーションの岩場の影などに多く見られますが、このベンケイハゼの仲間も、そういった場所にいました。

コクテンベンケイハゼに似ていますが、尻ビレに黒い斑点がはいらないことから、別種として判断していますが、実際にはどうなんでしょうかね??

撮影場所はTulamben Sidemの水深20mほどの場所。

ジャノメツキノワガレイ

先日TULAMBENのSIDEMで潜っていた時のことなのですが、小さな根の上にあるウミシダを開けたら、カレイの仲間が出てきました。

「根にカレイ?」

と不思議に思いよく観察したら、只者ではない気配を感じまして、たくさん写真撮ってきました。

こちら。

ジャノメツキノワガレイ
英名スリースポットフランダー

 

ジャノメツキノワガレイ
英名スリースポットフランダー

背中に黒いスポットがあるため、英名はスリースポットフランダーというそうです。和名はジャノメツキノワガレイ。
特徴として、胸鰭(上の鰭)がピコピコ動きます。カエルアンコウのエスカ的な??大きさは10-15cmくらいです。

このカレイですが、小さな根から動かない。普通のカレイであれば、砂地にいて、ダイバーが写真を撮ろうとしたら、逃げるものですが、まったく動じず。

ちなみにペアで同じ根にいたのですが、体色が若干違い、1匹は濃い色で、もう1匹は薄目。

後から色々なサイトで調べてみたところ、やっぱり砂地ではなく、こういった根やサンゴの中で見られることが多いようです。

私にとっては初めての遭遇でしたが次回はいつ遭遇できるでしょうか。

リボンリーフゴビー

先日、久しぶりにリクエストがあり、ミンピムンジャンガン湾内で探してきました。昔は和名なんてついていなかったのですが、今は「リボンリーフゴビー」という名前がついております。

バリ島では透明度ににごにごのシルト状の湾内で見ることができるのですが、何分生息環境が悪いため、しっかり中世浮力が取れて砂を巻き上げないスキルがないと、とてもじゃないですけど撮影なんてできません。


写真はいまちいですが、しっかりストロボ当たってばっちりとればものすごく美しい子です。
見られる確率はそこそこ高いので是非リクエストを。

お問い合わせは
papasdive2001@gmail.com
まで。

8月12日 大波でひっくり返ったテーブルサンゴ

ハイシーズン突入していますが、パパスダイブはのんびりモードです。
他のショップさんがめちゃめちゃお客さんいるのを横目にいい意味で少人数でダイビングしております。もちろん悪い意味では、うちは大丈夫か?って思っちゃいますが、大丈夫なんです!

っていうことで、このブログもだいぶ久しぶりになりましたが、久しぶりの更新。7月後半に大波で海に出られない日が続きましたが、その弊害が水中にも。こちら。

大波でひっくり返ったテーブルサンゴ

 

大波でひっくり返ったテーブルサンゴその2

どちらも2-3mほどの結構巨大なテーブルサンゴですが、根っこから見事に抜き取られひっくり返っています。こんな時にダイビングしていたら間違いなく大惨事です。

数年に一回こういう大波があるんですよね。パダンバイも数年前の大波で浅場の枝サンゴがポッキーのごとくポキポキに。

早く復活してくれることを願います。

こちらは元気なテーブルサンゴ

クリスタルベイはえらいことになっていますが、北部のポイントは影響なし。元気なテーブルサンゴが階段状に!!

体長1.5mほどのマダラエイ in Crystalbay

突然現れたマダラエイ。大きくてよろしい。

明日はパダンバイに行ってこようと思います!

4月12日 マンタポイント

本日はヌサペニダマンタポイントへ。

合計20枚ほどのマンタが見られましたよ!

マンタ3枚の隊列

ブラックマンタ

ヌサペニダ マンタポイント

2018年3月第2週トランベンダイジェスト ウミコチョウ祭り

トランベン潜りまくってます。

シラタマウミコチョウ in トランベン沈船

沈船の浅場に結構たくさんいます。

キマダラウミコチョウSP inスラヤ

こちらはスラヤ。

レモンウミコチョウ in SIDEM

こちらはSIDEM。エリアが限られますが数匹見られました。

クマドリカエルアンコウ in SIDEM

クマドリカエルアンコウ結構見られます。

イロカエルアンコウ in SIDEM

砂地を移動中だったイロカエルアンコウ。

ヤシャハゼ幼魚 in Tulamben沈船

コンデジでは2cmのハゼはこれが限界。ヤシャハゼの幼魚。バリではかなり珍しいと思います。

ウミウシカクレエビ in スラヤ

この時期そこそこ見られるウミウシカクレエビ。

ワンダーパス in トランベン沈船

ワンダーパス。沈潜横で見られています。

 

3/4,5トランベン

久しぶりにトランベン潜ってきました。
先月アグン山の警戒レベルも下がりましたので・・・。

久しぶりのトランベンは、意外とダイバーも多く、以前のような活気が戻ってきております。

水中は、砂漠化していた場所にも映え物が増えていまして、ダイバーが少なかったいい影響もあります。

とりあえず、いくつか見られた生物を写真で紹介です。

一番のヒットはヤシャハゼの幼魚。

ムンジャンガンでは成魚を見ることはありましたが、幼魚をトランベンで見れるとは思いませんでした。

全長3cmくらいでしょうか。

イロカエルアンコウの子供

テイラーズガーデンイール

ツノザヤウミウシ

ツマジロオコゼ?

ヤノダテハゼ

ヤシャハゼ幼魚

2018/2/9 パダンバイ2ダイブ

1・2本目 ブルーラグーン
透明度 10m
水温 27度
海況 GOOD

久しぶりのダイビングでした・・・。
アグン山の影響からなかなか抜け出せないバリ島。

海はいたって穏やかです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

トゲトゲウミウシ パダンバイバージョン

パダンバイのジェティーでおなじみのトゲトゲウミウシです。PJで見られるものと違いますが、同じ種のようですね。このトゲトゲウミウシはパダンバイのジェティーでしか見られないウミウシです。(バリの場合)
特殊環境でしか育たないんでしょうね。このトゲトゲウミウシの交尾が観察できましたので写真とともにアップしたいと思います。ウミウシ好きにはたまらないポイントですので、是非リクエストしてくださいね。

ダイビングポイント詳細はこちら

マンボウ通過!

9月に担当させていただいた韓国のカメラマン(いまだにNIKONOS RS利用。渋すぎる!)の目の前を通過するマンボウの動画です。