ホワイトラインコームトゥースブレニー

学名:Escenius Pictus
英名:ホワイトラインコームトゥースブレニー

トランベンドロップオフで撮影したであろうこの魚。
1年ほど前に撮ったものなので記憶が定かではありませんが、そこそこ見られる魚です。
通常ペアでいることが多い。

ルーネイトアンティス メス

2008年に撮影したものを引っ張り出してきました。
一見どうってことないハナダイなのですが、個体数がバリでは少なくちょっと希少です。

確かトランベンスラヤの深場で撮影したかと思われます。

見たい方は是非リクエストを!

アルポントニア イアイーニ

非常に覚えにくい名前のエビです。
前半部分は覚えられないのでイアイーニだけでゲストには紹介しますが、イイジマフクロウウニを宿主にしているため、ここ最近は全く見られません。

かつてそこら中にいたイイジマフクロウウニは何処に?

話は変わりますが、今年はこの時期風が非常に強く海況が悪いです。

不幸中の幸いともいいますか、不幸中の不幸ともいいますか、お客さんがいないので海況で悩まされることが少ないのですが、マリンアクティビティーは十分お気を付けくださいね。

ブルーシュリンプゴビー

今日ご紹介するハゼは泥地を好むハゼで、バリ島北部のPJで見ることができます。

それほど臆病ではないので、撮影自体はゆっくりよれば簡単ですが、泥地のため、巻き上がるとやっかい。

個体数はそれほど多くありませんが、高確率でみることができるハゼです。

是非リクエストしてください。

トランベン大波のため

今日はトランベンでの体験ダイブの予定でしたが、早朝波が大きいという情報が入ってきたためにパダンバイに急きょ変更。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

パダンバイは波もなく、透明度もよく体験ダイブにはベストコンディションでしたー。

最近、雨風が強く、木が折れたり、地滑りが起きたりしております。

ダイビングポイントも日により海況が悪いので、事前に海況はお問い合わせください。

カエルアンコウの遊泳

泳ぎが得意ではない魚も実は水中に多く、このカエルアンコウもその一つ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

だいたい、泳いでいるところを見たことがないという人もいるかと思いますが、パダンバイのジェティーでは泳いでいるカエルアンコウを見られる確率が高いポイントです。

パダンバイジェティーでは、綺麗なウミウシ類も多く人気のポイントですので、是非リクエストしてくださいね。

ローランズダムゼル幼魚

今日ご紹介するのはバリ島内であればとりあえずどこにでもいそうなスズメダイ。サンゴ礁域の浅場で年中見られます。

一般種ですが、綺麗な子ですので、バリで是非狙って見てください。

コールマンシュリンプ 幼体

昔はトランベンのスラヤにたくさんあったイイジマフクロウウニがまったく見られなくなって早数年。

やっぱりダイバーがいじくり回すといなくなってしまいますよね。

先日行ったコモドではそこら中にイイジマフクロウウニがありまして、コールマンやゼブラガニが見られました。

この写真はその昔、まだたくさんあった時代のもので、ちょうどコールマンシュリンプ幼体が撮れたんです。

今はイイジマフクロウウニはどこに行ってしまったんでしょうね。

トランベンに戻ってきそうなギンガメアジ

20年以上トランベンの沈船にいたギンガメアジの群れがいなくなって早・・・・、早5年くらい????

ここ数か月で、沈潜ポイントの東にあるとあるポイントに戻ってきた、という情報があったのですが、何分そのポイントはマクロポイントで一般受けするところではなかったので、なかなかお客さんをお連れすることがなかったのですが、先日早朝にスラヤに入ったら、エントリーしてすぐにいました。

どうやら、スラヤあたりもうろちょろしているようで、そうなると行動範囲が広すぎて狙ってみるのはなかなか難しいそう。

見れたらラッキーですね。

Colin’s fairygoby

この魚も先日リクエスト頂いたのですが、自分が10年前に撮ったのがこちら。

写真のデータを確認したら2008年に撮影したものでした。

場所はミンピムンジャンガンの湾内:マッドベイの水深20mくらいなのですが、昔うちにいたローカルガイドが探してきまして、タイニーみたいな魚がいた、というので見に行ったらこいつでした。

時期によってはたくさん群れているのですが、先日は見つかりませんでした。

昨日のリボンリーフと同じで、シルト状の泥地帯にいるので、撮影はなかなか難しいです。

是非リクエストしてください。

お問い合わせは

papasdive2001@gmail.com

までお願いします。