トランベン バリバスレット

トランベン
スラヤ2本
SIDEM1本
透明度 20m
波 少々
水温 27度

本日はトランベンで3本です。

まずはスラヤから。
お目当てはこちら。
殿塚さんの図鑑ではバリのみで見られると書いてありますが今は他でもみつかっているんでしょうかね??

ルーネートアンティス
ルーネートアンティス
(バリバスレット)

 

 

ルーネートアンティス
別名バリバスレット

ルーネートアンティス
ルーネートアンティス
(バリバスレット)

もういっちょいっときます。

婚姻色を出している時にはすぐに区別がつくのですが、雄雌の違いがよく分からなく、上がメスで、下がオス??

続きましてこちら。

これはストロボあてるの苦労するんですよね。
ツボカイメンの中にいるので外付けストロボを外して手持ちでやらないと全然ストロボあたりません。
この写真もいまいちな当たり具合。ガイドさんに持ってもらうのが一番いいかと思います。

キクチカニダマシ属の仲間
キクチカニダマ属の仲間

ストロボ充てないと綺麗な模様が浮かび上がってきません。

続きまして、ここからはベラですが、ベラをコンデジで撮るのは本当に大変で、証拠写真程度しか撮れていませんがご了承ください。

マッコスカーズフラッシャー
マッコスカーズフラッシャー

尻ビレが赤く手背びれが1本伸長するものが本家です。

今度はイエローフィンフラッシャーと、マッコスカーズフラッシャーのハイブリッド。

ハイブリッドフラッシャー
イエローフラッシャーと、マッコスカーズフラッシャーのハイブリッドです。

どちらもハイブリッドだと思います。

ハイブリッドフラッシャー
イエローフラッシャーと、マッコスカーズフラッシャーのハイブリッドです。

本当にフラッシャー系は最新鋭の撮影機材じゃないと撮れないですわ。。

最後におまけのラボックスラスです。

婚姻色を出している時は非常に綺麗です。

ラボックスラス

 

東部エリア近くに再圧チャンバーが・・

バリ島でダイビングされる方なら再圧チャンバー事情を知っておいたほうがいいかと思います。

つい最近まで、デンパサールにあるサンラ病院に小さな再圧チャンバーがあるだけでしたが、このほど、東部ダイビングエリアにより近い場所に設置されました。

カシイブサバ分院

場所はこちら。

先日セミナーがありまして、参加してきました。

カシイブサバ分院の再圧チャンバー

 

サンラ病院の再圧チャンバーに比べるとかなりゆったりとした作りになっております。一回で6名の治療が可能です。

バリ島の再圧チャンバー外観

外観はこんな感じです。

バリ島の再圧チャンバー

中はゆったりシートです。

ちなみにサンラ病院のチャンバーは6名入ったら身を寄せ合い、中は中腰でなくてはあるけず、椅子は金属製の冷たいもの、なので、それに比べたらだいぶ快適です。

気になるお値段はこちら。

再圧チャンバー
カシイブサバ分院の再圧チャンバー

チャンバーですからお値段はかなりしますが、各種保険は使えますので、ダイビングされる方は日本で保険に加入されることをお勧めいたします。

再圧チャンバーのお世話にならずに安全なダイビングを心がけましょう。

それでは。

8月のお客様からのリクエスト宿題確認作業 AT ヌサペニダ

バリ島ヌサペニダ
マンタポイント
クリスタルベイ
トヨパカ

透明度 15-25m
水温 23-26度

水温が上がったヌサペニダ。
クリスタルベイも26度あります。

今日は8月のお客様からの魚のリクエストの確認作業のために、ヌサペニダに行ってまいりました。
っていっても、13年ぶりにお越しいただいたお客様もいらっしゃいましたよ!

出発前に結構長めの横揺れの地震がありまして、ちょっと心配しましたが海は全く問題なし。

まず初めに確認したのがこちら。

イエローフィンフェアリーラス
イエローフィンフェアリーラス

イエローフィンフェアリーラス
クリスタルベイにいるかと思ったら全然いなくて(枝サンゴが去年大波で破壊され、生息環境変わりましたね。)、トヨパカで確認です。

※写真はすべて証拠写真程度しか撮れていません。ベラをコンデジで撮るには限界が・・・

続きましてこちら。

ブルーストライプフラッシャーラス
ブルーストライプフラッシャー

ブルーストライプフラッシャー

クリスタルベイの深場で発見。

同じ場所にこちらも。

ブレーカーズダムゼル
ブレーカーズダムゼル

お久しぶりのブレーカーズダムゼル

スズメダイはベラより取りやすいのでコンデジでもなんとかいけました!

番外編

ニシキイトヒキベラSP
ニシキイトヒキベラSP

ニシキイトヒキベラSP

ピンぼけですが、綺麗なのはわかっていただけますでしょうか?

もういっちょ

ラボックスラス
ラボックスラス

ラボックスラス

一眼でばっちり撮りたいところですが、なかなかヌサペニダで一眼もって遊べる機会がないのです・・。

っていうことで、マンボウ狙いのお客様でしたが結局マンボウナシゴレンでした・・。

まだまだマンボウベストシーズンには入っておりません。

それでは。

7月9日 ヌサペニダアイランドホッピングツアー

本日はヌサペニダの島内観光です。

お決まりのコースで、

クリンキン→エンジェルビラボン→ブロークンビーチ

クリンキンビーチ
クリンキンビーチ

だったのですが、まー渋滞。

今、道幅を広げてアスファルトの工事をしているようですが、それが全部終わればだいぶ行程が早くなりそうですが、いつになることやら。。

島内観光の後はペニダ島でシュノーケルをしてきました!!

水温も北部はまだ高いので快適でしたよ!!

7月6日 マンタポイント

ダイビングポイント:ヌサペニダ マンタポイント クリスタルベイ
透明度:10-25m
水温:22度から23度

本日は昨日に引き続き、ヌサペニダでダイビングです。
お客様は昨日と同じOさんご夫妻。
まずはマンタポイントへ向かいましたが、安定のマンタたち。
かなりの数を見ることができましたがダイバー多いですねー。
クリーニングステーションの上に上るダイバーがたまーにいるのですが、マナーは守りましょう!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2本目はマンボウを求めてクリスタルベイへ。

しかーし、今日もマンボウナシゴレンでした。。

残念。。

 

7月5日 ヌサペニダ2ダイブ

ダイビングポイント:ヌサペニダ クリスタルベイ SD
透明度:25m
水温:18度から27度

マンボウシーズンにそろそろ入ろうかというヌサペニダ。
水温は急激に落ちておりまして、クリスタルベイはすでに最低18度を記録しています。水面はまだ23度ほどですが、水底はしびれますので最低5mm+フードベストが必須です。

ただ、今日はマンボウナシゴレンのエスチャンプル。(マンボウがいなくて寒いだけのことをこう呼びます)
それでもこの時期だけのクリオネの仲間が中層にたくさん漂っていました。

1本目で寒さにくじけたお客様は2本目北部のSDに移動して水温27度の快適ダイビングでした。

今日の写真はこちら

クリオネの仲間
バリ島の乾季の時期に見られるクリオネの仲間

 

オオセ
バリではパダンバイ、ヌサペニダでごく稀に見られるオオセ

 

本日のお客様のOさんご夫妻。4年ぶりにお越しいただきました!

 

 

ペットボトル廃止に関して

2019年GWより、弊社ではペットボトルの使用を中止いたしました。
バリ島のごみ問題は深刻です。ゴミで埋め尽くされたビーチ、ゴミだらけの中を泳ぐマンタの群れ、プラスチックを飲み込み命を落とした海洋生物たち。
そのすべては私たち人間が使用したものです。
ゴミを道に捨てるインドネシア人の意識改革ももちろん重要ですが、ゴミを少しでも減らす努力をすることも大事です。
海にかかわる会社として、できることを少しづつしていこうと思います。

ペットボトルの使用を中止

ベンケイハゼの仲間

先週は雨が多かったですが、今週はだいぶ雨も少なり、幾分涼しくなってきたように思います。
乾季入りもそろそろでしょうか?

ベンケイハゼの仲間は、クリーニングステーションの岩場の影などに多く見られますが、このベンケイハゼの仲間も、そういった場所にいました。

コクテンベンケイハゼに似ていますが、尻ビレに黒い斑点がはいらないことから、別種として判断していますが、実際にはどうなんでしょうかね??

撮影場所はTulamben Sidemの水深20mほどの場所。

こいつは本当にシムランスなのか?

フィコカリス・シムランスっていう小さなエビがいますが、トランベンで探せばほぼ100%見ることができます。

基本的にはモシャモシャの子が多いのですが、最近SIDEMで見られている子はもじゃもじゃ感0。

まずは普通のシムランス。

こちら。

もじゃもじゃ

もじゃもじゃ君が通常のシムランス。

そんでもって、そんなにもじゃもじゃじゃないのがこちら。

ちょいモジャ

 

最後に、ここ最近SIDEMで見られているつるつる君。

ツルツル

これ全部が同じだとはたいてい思えないのですが、現状すべてシムランスに分類されているかと思います。

そのうち分類されるだろうとは思いますが、はたしていつになるやら。

ジャノメツキノワガレイ

先日TULAMBENのSIDEMで潜っていた時のことなのですが、小さな根の上にあるウミシダを開けたら、カレイの仲間が出てきました。

「根にカレイ?」

と不思議に思いよく観察したら、只者ではない気配を感じまして、たくさん写真撮ってきました。

こちら。

ジャノメツキノワガレイ
英名スリースポットフランダー

 

ジャノメツキノワガレイ
英名スリースポットフランダー

背中に黒いスポットがあるため、英名はスリースポットフランダーというそうです。和名はジャノメツキノワガレイ。
特徴として、胸鰭(上の鰭)がピコピコ動きます。カエルアンコウのエスカ的な??大きさは10-15cmくらいです。

このカレイですが、小さな根から動かない。普通のカレイであれば、砂地にいて、ダイバーが写真を撮ろうとしたら、逃げるものですが、まったく動じず。

ちなみにペアで同じ根にいたのですが、体色が若干違い、1匹は濃い色で、もう1匹は薄目。

後から色々なサイトで調べてみたところ、やっぱり砂地ではなく、こういった根やサンゴの中で見られることが多いようです。

私にとっては初めての遭遇でしたが次回はいつ遭遇できるでしょうか。