講習に関しまして

長年にわたりライセンス取得、ステップアップの講習を行ってまいりましたが、ここ数年自分の中での葛藤と戦ってまいりました。

何の葛藤か?

バリでの滞在期間が限られているお客様の講習は、内容ありきではなく時間ありきの講習になることが多く、ダイビングのスキルが100%身についていな状態でも次のステップに進まざるを得ないことが多々ありました。(数年前に、PADIのオープンウォーター講習でやらなくてはいけないことの量が増えたこともその一因です。)

立派なダイバー、一人でも安全にダイビングできるスキルを持ったダイバーを育てることが本来の使命である私たちインストラクター、ダイビングショップがこんなことでいいのだろうか?

自分が認定したダイバーがもし、バリでライセンスを取得した後に行ったリゾートでスキル不足のために重大な事故を起こしてしまったら、自分はそのお客様に対して、そして自分に対して言い訳のしようがありません。

現地サービスは現地サービスらしいことをしよう。

講習はお客様に合わせて時間をかけじっくりやるのが本来の講習であり、それができるのは都市型のショップなのではないかと思います。

これは私個人の経験からこのように考えていますが、現地サービスでもじっくり教えてくれるショップももちろんたくさんあります。(お金と時間が必要ですが・・)
ですので、現地サービス自体の講習を否定しているわけではありません。
ただパパスダイブでは短期間での講習は難しく、価格競争が激しいダイビング業界でその価格競争の最前線にいたのでは満足のいく講習はできないと判断し、一切のダイビング講習をやめることにいたしました。

時間とお金に一切の制限がない方の講習は別途受け付けておりますのでお問い合わせくださいね(笑)

今後はファンダイブ、体験ダイブ、ダイブサファリをメインにダイビングにかかわっていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA